税務・会計のアウトソーシング

経験や知識を必要とする経理・会計業務面倒な記帳台帳、財務相談、決算まで一括して小林会計事務所へお任せ下さい

小林会計事務所では、面倒な記帳台帳、月次決算、給与計算、予算管理、資金繰り制作、年末調整、源泉徴収票等の会計・経理業務のアウトソーシングを行っております。こんな事でお悩みでありませんか?

経験や知識を必要とする経理・会計業務面倒な記帳台帳、財務相談、決算まで一括して小林会計事務所へお任せ下さい

このような様々なお悩みをお持ちでいらっしゃると思います。
迅速かつ、きめ細やかな対応をさせて頂き、最大限のサポートをさせて頂きます。
経理や会計業務の代行はお気軽に小林会計事務所へご相談下さい。

税務・会計のサービス内容

税務業務
税金に関するあらゆる事をサポートする業務です。税理士が記帳台帳に重点を置くのではなく、適切な税務判断がすることが重要であり、契約書や議事録などの書類制作とアドバイス支援をさせて頂く業務です。
消費税や法人税、所得税等申告書制作
税務調査の対応や各種申告書制作
事業承継支援
税務コンサルティング
会計業務
企業の行った取引を帳簿に記録したりする日常会計業務、決算時の書類作成や記帳台帳の指導や会計ソフトの入力サポートも行っているのが会計業務です。
キャッシュフロー作成・分析
記帳台帳の代行業務
給与計算・年末調整の業務
社会保険の各種資格取得支援
業務計画書、予算書などの作成支援
会計システムの入力サポート

公認会計士と税理士の違いは?

えっ!?公認会計士も税理士も同じじゃないの?と思いがちですが、実際は別々の資格が必要なのです。簡単に言えば公認会計士は監査と会計の専門家であり、税理士は税務の専門家であります。
しかし、税理士、は公認会計士の仕事をするためには公認会計士の資格が必要です。公認会計士は、税理士の仕事をするためには、税理士会の登録がすれば基本はできます。
公認会計士の代表的な仕事である企業の経営チェック「監査」、経営戦略の相談などの業務が多くなります。税理士のお仕事は、税務署の申告書類や納付に関する事などの税務業務が主となります。小林会計事務所は、会計、税務、監査全てに関してサポートさせて頂きます。

公認会計士法 第1条(公認会計士の使命) 公認会計士は、監査及び会計の専門家として、独立した立場において、財務書類その他の財務に関する情報の信頼性を確保することにより、会社等の公正な事業活動、投資者及び債権者の保護等を図り、もって国民経済の健全な発展に寄与することを使命とする。

税理士法 第1条(税理士の使命) 税理士は、税務に関する専門家として、独立した公正な立場において、申告納税制度の理念にそって、納税義務者の信頼にこたえ、租税に関する法令に規定された納税義務の適正な実現を図ることを使命とする。

ページトップへ戻る

記帳代行・経理代行

記帳台帳の重要性

日々の仕事が多忙につき、領収書や仕分けが山済みで処理が出来ない方は、必見です!!
手間や時間がかかる領収書や仕分けは面倒になり、ついつい後回しになる方が多いようです。
処理数や時間が経過すると、後々面倒になり処理が厳しくなってきます。

記帳台帳は会社経営でお金を管理して記録していくことはとっても重要です。 面倒な領収書等の整理をし、帳簿の記帳を全て請け負うサービスが記帳代行サービスです。
面倒な領収書や仕分けは記帳代行に任せて頂くことで、本業のお仕事に専念でき、経営の安定にも繋がります。会社のお金をしっかり把握でき、管理できる体制にするためにも、記帳台帳は重要なのです。

記帳代行・経理代行のメリット
記帳代行サービス内容とは?

記帳代行サービス内容とは?

小林会計事務所の記帳代行サービスを利用すれば・・・

  • 社長は毎月の記帳(入力業務)から解放され、本業に専念できます。
  • 税務・経理・記帳のプロが代行。だからミスがなく、無駄な税金の支払いも未然に防ぐことができます。
  • 社員やパートを雇うリスクやコスト(固定費)もなくなります。採用の手間もありません。

「既に顧問税理士がいるが、このサービスだけ利用したい」。そんなお客様も大歓迎。
多数の社長にご利用いただいております。ぜひお問合せください。

ページトップへ戻る
 
Copyright(c) 2013-2019 kobayashi Accounting Office. All Rights Reserved.